面接で自分の希望を伝える

面接前には必ず自己PRを考えておこう

面接で自分の希望を伝える 面接では、必ず聞かれると言ってよい質問があります。それは自己PRです。自己PRと自己アピールは違います。自己PRは普段する機会もないので難しいかもしれません。面接で「自己PRしてください」と言われて突然答えるのは難しいかもしれません。しかも時間も3分程度なので、時間内におさまるように話すことができなくてはいけません。そのため面接の前にはじっくりと時間をかけて、自己PRを考えておくようにしましょう。

自己PRとは、自分が会社にどのような貢献をすることができるか、という視点で考えなくてはいけません。自分はこんな長所があるとか、こんな実績があるというだけでは自己アピールです。自分がもし採用されて入社したら、会社にとってこういう貢献ができるということをPRするのが自己PRです。それにはまず応募先の企業についてよく調べるとともに自己分析もしっかりしなくてはいけません。事前の準備なくしては、自己PRもできないでしょう。

このように、面接ではよく聞かれる質問がありますが、事前に考えておかないとなかなか答えるのが難しいものも多いです。自己PRは、自分のことを自分自身で見つめなおすよい機会になるでしょう。面接の準備をするときは、まず自己PRから考えてみてはいかがでしょうか。