面接で自分の希望を伝える

面接での短所の質問は自己分析できるかを見られている

面接で自分の希望を伝える 短所を聞かれてしまう場合もあります。その際に面接で自分に短所はありませんと答える事が無いようにしましょう。短所が無い人間はいません。短所が無いと伝えてしまう事によって、自分の事を全く分かっていないと思われてしまう事が多いです。自己分析をする事ができない方は成長しないと考えられているので、自分の短所を探して面接官の方に伝えるようにしましょう。またどのような時にその短所が出てしまうのかをしっかりと発言することも重要な事になってきます。仕事をしていると集中力が無くなってしまうと言う場合もありますし、人とコミュニケーションを取る事が苦手な方もいるでしょう。

具体的に短所を伝える事ができれば、自己分析をしていると考えて貰う事ができます。人と話す際に緊張をしてしまうので、コミュニケーションを取る事ができない部分が短所になってしまいますと言う内容でも問題無いでしょう。この部分だけ聞いてしまうと採用をされないと思ってしまいますが、短所が原因で不採用になってしまう事はあまり多くありません。質問はしていますが、それほど重要視されていない部分になりますし、自己分析がしっかりとできているかを調べる質問になっている事が多いです。短所を言う際はより緊張をしてしまう場合が多いですが、隠さずに伝えると良いです。