面接で自分の希望を伝える

面接で前職の不満を質問された場合

面接で自分の希望を伝える 前職の仕事の不満を面接で聞かれてしまう事がありますが、そのような場合はなるべく答えない方が良いでしょう。基本的に不満は給料の面であったり、人間関係の部分であったりする場合が多くあります。給料の部分や人間関係の部分に不満があった場合は、また同じ事を繰り返してしまう人間なのではないかと考えられてしまう事が多くあります。特にお金の部分の不満については、発言してしまう事によって自分の印象を大きく下げてしまう事になります。発言してしまう事によって採用されにくくなってしまうリスクが、高くなってしまう事になるので、発言をしたいと考えている方は、十分に注意をして発言をするようにしなくてはなりません。

しかし不満が無くてなぜ辞めてしまったのかと聞かれてしまう事もあります。聞かれなかった場合は運が良いですが、ほとんどの場合が聞かれてしまう事になります。そのような場合は、前に所属していた企業に将来性を感じる事ができなかったと発言をしてみると良いでしょう。このように発言する事によって応募した企業には未来があると感じる事になります。少しでも活躍をする事ができる場所を求めて転職をしたと面接で伝える事によって、採用をして貰う事ができる場合が多いです。