面接で自分の希望を伝える

面接官の目を見てハキハキと受け答えしよう

面接で自分の希望を伝える 面接では、何を聞かれるかとドキドキする人が多いでしょう。もし答えられないような質問をされたらどうしようとか、失敗してしまったらどうしようと緊張してしまうでしょうが、あまりガチガチに緊張してしまうと表情も硬くなってしますので、できるだけリラックスして臨むようにしましょう。

緊張しやすい人は、相手の顔を見て話すのが苦手という人も多いのではないでしょうか。しかし、面接において面接官の顔を見ずに話したり、質問されているのにうつむいていたりしては、印象が悪く不利になってしまいます。うつむき加減の人や、視線をそらす人は、自信がないように見えるでしょう。やる気がないと受け取られるかもしれません。普段から相手の目を見て話しをするのが苦手と自覚している人は、気を付けるようにしましょう。

また、声が小さい人も注意が必要です。声が小さいと元気がないと思われるかもしれません。大きな声でハキハキと受け答えをすると、爽やかで印象も良く、やる気も感じられるでしょう。面接では聞かれた質問への答えだけが重要なわけではありません。会話の中でコミュニケーション能力も判断されています。最初と最後の挨拶、背筋を伸ばして座り、相手の目を見てハキハキと受け答えすることなど、意識していればできることは多いので、気を付けておきましょう。