面接で自分の希望を伝える

面接のときは携帯電話の電源をオフにしておこう

面接で自分の希望を伝える 面接のときは、細心の注意を払って失敗をしないようにしたいですね。気を付けておきたいのが携帯電話の取り扱いです。面接中に携帯電話の呼び出し音が鳴ってしまわないように電源を切っておくことは面接のマナーです。普段からマナーモードにしている人は、音が鳴ってしまう心配がないので、あまり気にしていないかもしれません。しかし、面接中ではマナーモードのバイブ音でも響いてしまう可能性があります。静かな部屋でバイブ音が聞こえれば、会話の妨げになってしまいます。相手の声が聞こえないという音ではないでしょうが、気になりますよね。もし面接中に何度も鳴ってしまうと、印象もよくないでしょう。

面接の際は、携帯電話はマナーモードではなく、電源を切っておくべきです。電源を切っておけば、音が鳴る心配がないので安心です。電源を切るタイミングは、面接が始まる前ではなく、面接を受ける会社に入る前です。会社の外では電源を切っておくようにしましょう。面接が始まる直前に電源を切ろうと思うと忘れる可能性もあります。それに面接を待っているときに携帯電話を触っているというのもあまり印象がよいものではないでしょう。そのため、携帯電話の電源は早めに切って準備をしておきましょう。